めまいが診られず

不整脈である期外収縮は、健康な人にも症状が出現することがあるので緊急の心臓の障害とは限らないのですが、
発作が数回に渡って立て続けにみられる場合は危ないのです。


「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、
γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって判断できますが、
特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している人数が微増しているということが注目されています。


「体脂肪率(body fat percentage、
percent of body fat)」というのは、
体内における脂肪の占めているウェートのことであって、
「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、
kg)÷体重(weight、キロ)×100」という数式によって確認できます。


触れあいなどで、高齢者がセラピードッグをすごく可愛いと感じることによってオキトキシンというホルモンが分泌されれば、
ストレスを軽減したりヒーリングに繋がっています。


普段からゴロンと横向きになってテレビ画面を見ていたり、
テーブルの上で頬杖をついたり、
ハイヒール等をよく履いたりといった習慣的なことは身体の上下左右の均衡を悪くする大きな原因になります。


クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の辛い症状は、
アレルギーを誘引する花粉の放出される量に比例するかのように酷くなってしまう特徴があるということが明らかになっています。


必要な栄養素を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろん、
心身両面の健康や美を目的として、
補助として数種類のサプリメントを飲む事が常識的になったようです。


何かを食べる時は、食べたい物を気軽に口に入れたら数十回噛んで飲み下すだけだが、
それから体はまことによく機能し続けて異物を体に取り入れる努力をしているのだ。

暗い場所では

薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の物質を酵素により分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と呼び、
肝臓の担う大事な機能の一つであることは間違いありません。


耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類されますが、
中耳のところに様々な細菌やウィルスが感染し、
炎症ができたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しています。


30歳代で更年期になったとしたら、
医学的な用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気のことを指します(この国においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことを「早期閉経」と定義します)。


自動体外式除細動器(AED)は医療資格を持たない方でも使う事のできる医療機器で、
本体から流れる音声ガイダンスに応じてケアすることで、
心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効果を実現します。


UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があり、
大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるものの、
地上まで届いたUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、
肌にとって悪い影響をもたらしています。


ロックミュージシャンのコンサートの開催される場所や踊るためのフロアなどに設置されたとても大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞き続けて難聴になる症状を「音響外傷」と称しています。


脳内のセロトニン(5-HT)神経は、
自律神経を調整したり痛みの鎮静、
器官の覚醒などを操作しており、
うつ病(単極性気分障害)の方では機能が減少していることが判明している。

素人が外から眺めただけでは

大多数の人に水虫といえば足を想像し、
ことさら足の裏に現れる病気だと考えられていますが、
原因菌である白癬菌が感染する所は決して足だけではなく、
体中どこにでもうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。


国民病ともいわれる花粉症とは、
森林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの木や草の花粉が原因物質となって、
クシャミ・頭重感・微熱・鼻水などのアレルギーを起こしてしまう病気として日本人に定着しています。


ただの捻挫と決め込んでしまい、
湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、
様子を窺うのではなく、応急処置が終わったらただちに整形外科医に診察してもらうことが、
快癒への近道に繋がります。


子どもの耳管の作りは、大人の耳管と比較すると幅がある上に短い形で、
しかも水平に近いため、菌が潜り込みやすくなっているのです。
幼い子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、
この作りが関係しています。


ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別することができますが、
この中耳の近くに細菌やウィルスが付着して炎症が起こったり、
液体が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。


クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の諸症状は、
アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に比例するように悪化してしまう傾向があると知られています。


ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に購入できて、
新薬と同一の成分で経済的な負荷が少ない(代金が安価な)後発医薬品のことを意味しています。

World Health Organizationは

脳卒中のくも膜下出血(SAH)はほとんどが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管のコブが破裂して出血する事が理由となって起こってしまう大変恐ろしい病気だと認識されています。


現代の病院のオペ室には、レストルームや専用の器械室、手術準備室を設け、オペ中に撮影できるX線装置を備え付けるか、
そうでなければ近くにX線のための専門室を併設しておくのが慣例となっている。


道路事故や山での転落など、著しく強い力が体にかかった場合は、
複数の位置に骨折がみられたり、
骨が外部に露出する開放骨折となったり、
加えて内臓が破裂してしまうこともよくあります。


30才代で更年期になるなら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患を指します(日本においては40才未満の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義しています)。


UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特性があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、
地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、
デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、
皮膚にとって悪い影響をもたらすのです。


体を維持するのに必要なエネルギーの源としてすぐに機能する糖質、
人の細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、
無理な痩身ではこれらに代表される活動をキープするために絶対に要る重要な栄養分までも減らしてしまっている。


ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効した後に発売され、
まったく同じ成分で負担分を下げられる(クスリ代が廉価な)後発医薬品のことを指します。


ピリドキシン(ビタミンB6)は、
色々なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために必要な回路へ取り込ませるため、
更に細分化させるのを助長するという働きもあるのです。

男性だけにある内臓の前立腺は

陰金田虫(いんきんたむし)とは、
医学的に股部白癬と言われており、
カビの一種である白癬菌が股部や陰嚢、
臀部などにうつってしまい、定着した病気の事で俗に言う水虫のことです。


グラスファイバーで製造されたギプスは、
非常に丈夫で軽量で耐久性があって、
水に濡れても破損しないという長所があり、
現在用いられているギプスの中でも主流と言われています。


腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝という病気は、
脳梗塞のみならずありとあらゆる生活習慣病の合併症をもたらす可能性が高いといわれています。


細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、
最も代表的な中耳炎で乳幼児に多く起こる病気です。
猛烈な耳痛や38度以上の発熱、
赤い鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)などの様々な症状が出るのです。


くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の嫌な症状は、
アレルゲンである花粉の飛散量の多さに沿って酷くなってしまうという特徴があると知られています。


内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されていなくても、
内臓脂肪が多めに溜まりやすいようなタイプの悪い肥満が確認されることに縁り、
深刻な生活習慣病を招きやすくなります。

このページの先頭へ