音楽の公演の

赤ちゃんが受ける不活化ポリオワクチンは、
いままでの生ワクチンに代わって、
平成24年9月1日から原則無料で接種できる定期接種になることによって、
集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に接種する個別接種という形に変わりましたのでご注意ください。


めまいが現れず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の2つの症状を何回も発症する症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断するケースもあるということはあまり知られていません。


汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手のひらや足裏、
又は指と指の間などにプツプツとした水疱ができる病気で、
通俗的にはあせもと言い、足裏にできると足水虫と勘違いされるケースもよくあります。


開放骨折してかなり出血した際に、
血圧が急降下して眩暈や冷や汗、
胸のムカつき、座っていても起こる意識喪失などのいろんな脳貧血の症状があらわれるケースもよくあります。


BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも一緒ですが、
BMI値の評価は国によってそれぞれ少しずつ違い、
一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22が標準、
25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と決定しています。


3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、
細胞の機能を落としたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を身体の中で無毒化し、
肝臓の能力を強化するような性質が確認されています。


インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の男の人多い傾向があり、
ほとんどのケースでは股間の周囲だけに広がり、
激しく身体を動かしたり、入浴後のように身体が温まると強烈な痒みに襲われます。


明るくない所だと光量が足りなくて見えにくくなりますが、
より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに余分なパワーが消費されてしまい、
光の入る所でものを眺めるより疲れやすくなるのです。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は

食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、心身のストレス、加齢というような多様な因子が集まると、
インスリン分泌が鈍化したり、働きが悪くなったりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するといわれています。


環状紅斑というのは環状、要するに円い形をした赤い色の発疹・湿疹や鱗屑など、
様々な皮膚疾患の総合的な病名ですが、
誘因は全くもっていろいろです。


ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、
主に手や足がしびれるような感覚があったり下肢の浮腫みなどが典型で、
症状が進行してしまうと、深刻な場合、心不全も呼び込む可能性があるとのことです。


よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が細くなり、
血液の流れが止まり、栄養や酸素を心筋に届けられず、
ほとんどの筋細胞が死んでしまう怖い病気です。


「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、
人体の中の脂肪が占める割合のことであって、
「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、
kg)÷体重(キログラム)×100」という数式によって算出されます。


体を動かすのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖、
細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、
度の過ぎたダイエットではこういった体調をキープするために外すことのできない要素までもを欠乏させる。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは

陰金田虫(インキンタムシ)とは、
医学的に股部白癬と称されている、
白癬菌というカビの一種が陰嚢、
股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染、
棲みついてしまう感染症で簡単に言うと水虫のことです。


流感、即ちインフルエンザに適している予防の仕方や病院での手当など、
このような必然的な対策というものは、
それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。


食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、
staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、
毒力が非常に強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、
staphylococcus aureus)と一方は毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種があるのです。


自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を有しない人でも利用できる医療機器で、
機器本体からの音声ガイダンスの通りに対応することで、
心臓の心室細動の応急処置の効き目をいかんなく発揮します。


ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に発売され、
まったく同一の成分で経済的負担を低くできる(クスリの金額が安い)後発医薬品です。


鍼灸用の針を皮膚に刺してもらう、
という物体的な程よい刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスと言われる電気信号の化学伝達を起こすのではないかという考え方が浸透しています。


メタボリック症候群とは断言されていなくても、
内臓に脂肪が付着する手合いの悪い肥満症を抱える事に縁って、
あらゆる生活習慣病を起こす可能性が高まります。


規則正しい穏やかな生活の継続、
暴飲暴食を控えること、無理のない体操など、古典的とも言える健康に対する気配りがお肌のアンチエイジングにも関わっているのです。

70代以上の高齢者や

グラスファイバーでできたギプスは、
大変強くて軽量で着け心地が良い上に耐久性に優れ、
濡らしてもふやけずに使用できるというメリットがあるため、
現在の日本のギプスの定番と言われています。


前触れもなく発症する急性腸炎は、
大抵は腹痛・吐き気・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、
バイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38℃以上の高い発熱が特徴だといえます。


吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、
喀血の方は咽頭から肺へと至る気道からの出血であり、
吐血は無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する症状のことを指しているのです。


BMIを求める計算式はどこの国も共通ですが、
数値の位置づけは国ごとに違いがあって、
一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準、
BMI25以上を肥満、18.5未満の場合だと低体重と周知しています。


ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなった後に発売され、
新薬と同一の成分で自己負担分を少なく抑えられる(薬の金額の廉価な)後発医薬品のことを意味しています。


鍼を気になる所に刺してもらう、
という物体的な程よい多数の刺激が、
神経細胞を活発にして、神経インパルスと称される要は電気信号の伝達を引き起こすと言われているのです。

過食太り過ぎ

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、
医学的には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、
白癬菌というかびが股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部分にうつってしまい、
寄生する病気のことで簡単に言うと水虫のことです。


頸椎などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、
背骨の間でクッションに近い役割を担っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の線維軟骨が突出してしまった症例の事を表しているのです。


バイキンやウィルスなどの病気を生み出す微生物、
すなわち病原体が肺へ進入して伝染してしまい、
肺の内側が炎症を起こした事態を「肺炎」と断定しています。


脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が原因で起こる発疹・発赤で、
分泌の異常の素因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏などが関わっているのです。


「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のASTやALT、
γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値によって診ることができますが、
ここ数年間で肝臓の機能が落ちている人達が徐々に増えているとされています。


必要な栄養を万遍なく含んだ食事や体を動かすことは当然ですが、
ヘルスアップやビューティーを目的として、
食事とは別に様々な成分のサプリメントを服用する行為が普通になっているのです。


亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている酵素や、
細胞もしくは組織の再生に関係している酵素など、
約200種類以上もの酵素を構築する要素として非常に重要なミネラルの一つなのです。

このページの先頭へ